ケセラセラ

主に関ジャニ中心。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先に謝っとこ。
すんません、今日のドラマ直前SPはパソで録画し忘れました(汗)

さて、みなさん
12月2日から始まった全国ツアー第二弾も、もうすぐ終わりますね。
ってことで、自分的に勝手に今回のツアーをまとめちゃいましょうー。

思い起こせば今年はドリボズから始まって、お前は何回エイトに会ったんだ的なね。
数えませんよ、ええ。絶対数えてやりませんよ、はい。
我ながら相当のアホだと実感してしまうんで。
あ、ドリボズは本命くんが結構おいしいので個人的には好きですが

 次 回 は 絶 対 出 さ な い で 下 さ い 。

ジャニーおじいちゃん、その辺お願いしますぅ。
再演決定とか言ってましたが、かちゅん達と東京ジュニアちゃん達でやってくらさぁい。

いつの間にか話ずれてましたね。
それでは個人的なまとめへ。
本当に今回のツアーのどこを見るかみたいな自分のメモみたいなまとめなんで、読まないの推奨。
きっと見苦しいでござーますわ、と先に忠告。

あ、ちなみに呼び方が特殊なのもあるので説明。
ウチら内輪のeighterでの呼び方なのですが
大倉→タダ様
本命くん→GOD
って半分ネタ、半分本気で呼んでます(とか言いつつ、実は100%本気だったりs…)

それぞれの由来は
・タダ様
「Buttufly~」の曲を歌う大倉はまさに様付けが相応しい教祖様なので。
あの蝶の曲で一体何万人との信者を増やしたことか、恐るべしタダ様。

・GOD
すば倉コンでkaoさんが本命くんの歌声に感動し「彼は神だ」と言い出したので。
ちなみに我らが変態集団の中でもトップをいく変態という意味の神という意味も含んでます。


そこ、ひかないように(笑)
むしろ一緒にそう呼びましょうよー(コラ、強制するなって)
まずは開演5分前には必ず着席。
メンバー(主にヨコ・タダ様・亮ちゃん、たまにマルちゃん、BGMにしょーちゃん)のアナウンスがあります。
単純に聞いて楽しむのもいいが、スタッフさんの反応を見て楽しむのもあり。
特にヨコのアナウンスではスタッフさんも爆笑率高し。

そして始まるエイトコール。
さぁ、若い子達は声を出して頑張りなさい。
声が大きいほどエイトのテンションが上がるらしいので。
彼らはテンション命な集団ですからねー、これはほんまにどーしようもない。
ウチは適度に手を叩いときますわ(人任せかよ!)
石川では周りのスタッフさんがエイトコールを始めてくれていたのを見て思わずにやけちゃいました。

暗くなったら、さぁスタンドアップ!
まずは設置画面に流れるメンバーの映像に適度に反応。
やはりトリの亮ちゃんの時が毎回歓声一番すごいわ。

・登場
そしてメインステからタダ様登場!
続いてマルちゃん、そしてしょーちゃん登場。
しょーちゃんの掛け声と共に亮ちゃん既に登場しスタンバイ。
「まずはコイツだ!」で歌いだす亮ちゃん(歓声が半端ねぇ!)
続いてヨコ、ヒナちゃん、最後にGOD。
余裕ある人はツアー途中から画面に歌詞が出るようになったのでそれを見るのもよし
メンバーそっちのけで真上の名前が高速に流れている電光板を見ていてもよし(良い事あるかもよ)

・Dive
さぁ、皆散らばる散らばる。
これはもう自分の席から一番近いメンバーとノリあっチャイナ!
曲の最後でおばロックの定位置に動きだすのを見ているのも面白い。

・∞SAKAおばちゃんROCK
ヨコは座ったり寝転がったり、ヒナちゃんはお茶目にフリフリダンス、GODは…始終可愛い(末期)
セリフ言うタイミングをはかるために、客席見ていたGODがくるりとセンターに向きを変えるのが好きです。
うんでもってマイク両手持ちで必死に自分のセリフ部分を入れようとするのがたまりません。
他にも、「ほんでなんぼやさぁ~」の一言のためだけに
セリフ部分の最初の方からマイクを顔に近づけて調整しつつ今か今かと待機しているマルちゃん
自分のセリフの尺なんかおかまいなしと自由に入れてくるヨコ
そしてそんなヨコのお尻を叩くかのようにキッチリと最後のセリフ入れてくるヒナちゃん
(次が「関ジャニ∞!」連呼で一歩遅かったら声消されちゃうしね)
そんなやりとりも堪能出来ちゃうのがこの曲です。
曲の最後で皆メインステに集合しだす、ヒナちゃんは必ず上着を脱ぎにいきます。

・Heavenly psycho
ヒナちゃんのキーボードは見ものです。
いまだに手が震え気味で可愛いのー。
恐る恐る鍵盤の和音弾いてる姿を見ると、手取り足取りピアノをレクチャーしたくなります(この変態め)

・挨拶
皆が適度にはけ、ステージにはタダ様・しょーちゃん・ヒナちゃんの三人。
タダ様は普通に「イェーイ!」地獄。
しょーちゃんは例の如く「右の方調子DO!」「左の方調子DO!」「全体調子DO!」
ヒナちゃんは最近ではいいとものパチリで「そーですね」地獄。
ヒナちゃんあたりでステージ脇にマルちゃん登場
超テンション高く、うまい具合にいけば「心が、パーン!」「んー、テキサース!」がある。
続いてGOD登場。
マルちゃんの後だから余計にひ弱キャラに見えて守ってあげたくなる。
(そんなん言ってる自分が危険人物です)
ひ弱キャラの後「横山裕くんだよぉ~」と幼いキャラ登場。
この自己紹介の順番はそれぞれのキャラが際立っていて本当に良いと思う。
最後に亮ちゃん。
気分がのってる時は「○○(その会場の地名)のアイドル、錦戸亮です」と低音ボイスでかます。
「皆さんCD買ってくれましたかー?」の流れで関風へ。

・関風ファイティング
皆で一緒に踊ろうぜぃ。
「よっしゃー」では一番最後は下から「いよぉ~」なので間違えないよう注意。

・メンバー紹介
関風の曲からメンバー紹介へといくのですが
その時にしょーちゃんを突き飛ばすGODに注目。
んでもって踊りながら突き飛ばしあいをする二人。
しょーちゃんが定位置につく移動前なんか、GODから逃げるため必死で走ってます(笑)
そしてしょーちゃん、マルちゃん、亮すば、ヨコヒナの順でダンスタイム。
その後マルヨコは外周ではけ、他4人は真ん中の筒状の中へ。
そして…さぁタダ様魅惑タイムの始まりです。

・Buttufly(正式名称わかんないっす、すんません)
ツアーの途中から、筒状の中で歌いだす演出に変更。
魅惑のタダ様、信者に蝶のリンプンを撒き散らしながら餌を与えます。
あー、変態万歳!(きめぇ)
サビでは皆様一緒に踊りましょう。
タダ様と共に右手を高速にクルクルしてください。

・Who's foods?(勝手に名前つけた、本題は知らない。新曲)
タダ様が蝶を放っていかれた後にはメインステに注目です。
マルちゃん登場、ツアー途中から手袋を口で外す演出に。
いつもマルちゃんには申し訳ないと思いつつも
マルちゃんパートの最後らへんで手ぶらで登場してきて
階段あがるところらへんでスタッフさんにギターを渡され準備するセンターのしょーちゃんに毎回注目。
そしてしょーちゃんパートへ。
あのギターは毎回見惚れます、かっこいい…。
可愛いのにかっこいい、空気よめないのにかっこいい、面白くないのにかっこいい。
この部分はウチの双眼鏡率高いです。
そしてこれまたしょーちゃんには申し訳ないと思いつつも
しょーちゃんパートの最後らへんでメインステに登場するヒナちゃんに注目。
ヒナちゃんの踊りは大好物なウチにとっては終始双眼鏡タイムです。
小刻みにリズムをとり、何かを払いのけるような振り、そして空中で脚の交差。
いーなぁ、ヒナちゃんずっと踊っといてくれ。
そしてセンターステージにいき、マルちゃん・しょーちゃん・ヒナちゃんでダンス。
腰突き出したり、くねくねしたり、何かを巻き取ったり。
ツアー途中からはなくなったんですが
実はこの時山田は衣装の崩し着具合までシンメだったんすよ。
今は3人ともあの白衣装をきちっと着てますが
あれは絶対裏で「シンメで崩して着ようね♪」とか言っちゃってるのが容易に想像出来るくらい
最初の福岡からしばらくの間、ものすごく山田でシンメトリーに崩して着てました。
ダンスが終わって3人でまた歌に戻ります。
右・左・右右、左・右・左左、みーぎ、ひだり…っていう踊りが特に好きです(わかんねーよ)
にしてもこの時は皆様、双眼鏡タイムですよ!!
3人のお尻に注目して下さい!
変態でもいいんです、尻ですよ、お尻!
マルちゃんのがパンツの形がすけてくっきりプリッとしたお尻が見れますよ。
しょーちゃんとヒナちゃんも、頑張ればパンツとお尻の形がはっきり見れます。
でもマルちゃんのが一番見ごたえがある形をしてますね。
白衣装ばんさいですよ!(また出たか、変態め)
踊りはしょーちゃんが他2人よりも無駄に内股でくねくねしていてドキドキ。

・Blast Explosion(これも勝手に名前つけた、正式名称は知らない。新曲。)
登場順は亮ちゃん、GOD、ヨコ、タダ様、そしてさっきの3人。
GOD登場時にやるアハァーンみたいな感じのエロダンスは
腰をセクシーに回している時には決して前の客とか誰とも目をあわそうとせず
やった後には暗闇の中で照れ笑いをしているところが可愛い。
ヨコはいっつも頭なでなでちゃん、きゃわいー。
タダ様は本当にタダ様ですね。
下から風と共に華麗に登場なさり
切れのあるダンスをなさったかと思えば〆は画面に向かってキッス。
信者のツボを心得ています、タダ様。
タダ様まで登場したら、ヨコ亮、すば倉でかけより、交差タッチをしてセンター指差し。
そこでめっちゃ笑顔でヒナちゃん・マルちゃん・しょーちゃん登場。
いつも思うんですが、裏で何か笑かされているのか?
ヒナちゃんが必ずといっていいほど爆笑しながら登場してくるんすよ。
まぁ、そんなこんなでエイト全員がセンターへ集結。
心臓音と共に曲が開始。
その心臓音の時に必ず少し立ち位置を移動するGOD。
一発で立ちなさいよとツッコミたくなります。
この曲は踊りがすごく好きです。
しょーちゃん→ヒナちゃん→ヨコ→GOD→亮ちゃんの順で左足出していったり
円陣で脚交差させたり、右足でリズムをとったり、おじぎをしてたり
耳に手をあてて大げさにきこうとするポーズをとったり、うなずいたり
エロティックに上から手を下に(この時、特にGODはエロい!)
エアギターやったり、前をはだけたり…もうこの曲でご飯何杯もいけますね。
早く映像として捕獲したいなー、DVD、テイチクさんDVDお願いします。

・∞レンジャー
フェルナンデスの森の下りを適度にききつつ、ぬいぐるみ達の可愛さを堪能。
そして登場エイトレンジャー。
よくグリーンが自分の手で寸劇をやってます。
「悪者なんかはズバッズバッ」ではレッドだけいつも手が逆です。
それぞれのバイクで外周を回る時はブラックのずるさとオレンジのどんくささに注目。
最後の「♪エイトレンジャー」は最近ではレッドは歌うのを途中で止め
ブラックが変わりに歌っているバージョンが多いです。
さぁ、そしてブラックだけのけもののクラッカータイム。
オレンジあたりはグリーンと時たまナスとできもく馴れ合ってます。
レッドとブルーは、レッドがブルーにむけて毎回クラッカーをならしてます。
目ぇ足りない…。
その後いざこざありーので、グリーンの死へいくんですが
このやりとりはすぐ終わる時もあれば、ナスに向かってマジ発砲など、気分によります。
んでもって、発砲してからグリーンにあたるまでですが
ここでの密着度がいつもすごいんですが。
オレンジとブルーでこれでもかっていうぐらい密着していた時もあれば
オレンジがレッドのお尻に手をやり、レッドはそのオレンジの手をとってぎゅーっと密着…とかね。
え?密着の元凶はオレンジですか?笑
グリーンが死んだ後は最近は本当に自由っすね。
レッドがさり気なくナスを笑かしにかかります。
ナスは笑いつつも周囲には泣いてるようにごまかし演技で最後はレッドを抱きしめちゃいます。
ブラックも最近皆のベルトを外しにかかるのがブームらしく
そっと後ろから忍び寄って皆のベルトを外しにかかります。
歌の最後では3馬鹿(たまにヒナすば)で大げさ振り劇場開催。
その後の喋り部分ではさり気なく顔芸で笑かしにかかるレッドやブラック。
これだからレンジャーでは双眼鏡が手放せねぇ。
ステージ上手側ではオレンジとブラックが、もう一方ではブルーとレッドの寸劇開始。
そして「こんな話も知ってるか」でツアー当初にはあったボケセリフもなくなり
いつの間にか顔でメンバーを笑かしにかかるブラック。
レッドの「♪止めーないでー」ではもう全員グダグダ。
本当はレッドイエロー・ナスブラック・ブルーオレンジで別れなきゃいけないのに
最近ではブラックが言うことをきかず、オレンジナス・ブルーブラックの組み合わせになったりも。
そのせいで山田の連携プレイが最近見れずじまいです、いい事なのか残念な事なのか。
その後それぞれが困難に立ち向かうんですが
レッドイエローチームはレッドが岩で馬乗りになって前後運動してらっしゃる時も(笑)
ナスブラックで別れた時は、ブラックはレッドやイエローの元に向かい
下のスタッフさんへこれ見よがしに岩を投げつけます。
そしてブルーオレンジはおんぶしあったり、がっちり抱き合ったりしています。
ナスオレンジで別れた時は、ナスが思いっきり矢をうけ、それを引き抜くオレンジの図が展開されます。
そして中央に集まり「皆大丈夫か?」というのに対し、一同は声を揃えて
「なんとかー」
「なんとかー」
「なんとかー」
「なんとかー」
「なんとかー」
そこで時たまよろけて倒れるレッド、ブルーは脚をガクガクさせます。
全員オーラを出しブラックが一言ずつ言っていく下りですが…
残念なお知らせですが、オレンジだけは全くバリエーションがないという(イエローが一番バリエーション多い)
そしてグリーンがname of loveを歌っている時
センターでは5人がそれぞれくつろいでます。
たまにいちゃついている時もあれば静かに寝ている時もあって、これは本当に気分です。
ブラックのオーラ出しも本当に気分です。
最近は素直にオーラだしてますが、しぶって時間越えしたことが過去2回ほど…。
あと、一回福岡でナスの時点でオーラが出なかったこともありました。
あのバージョンはあれ一回きりなんですが、個人的にスタッフさんグッジョブっす(笑)
話を戻します。
エイタクロース8世が現れ「お前達の願いはしかと受け止めた」というところで
必ず「しかと」と繰り返すレッド。
お願いごとはブラックのボケが多く、たまにナスやブルー、レアでイエローやレッドにも振られる場合あり。
その時、下で待機中のグリーンは爆笑している率高し(見える位置の人は見てみましょう)
グリーンが生き返り、今ではすんなり曲に入るが
ツアー当初はグリーンのおっぱいを皆で揉み揉み、最近ではグリーンにボケを振るパターンが多し。

・10年後の今日の日も
外周のどっかでヒナちゃんマルちゃんでのメンチきりあいの輩コントがたまにあり。
2回目の「♪wow wow」の入りをたまにヨコやマルちゃんが間違えることもあり。
「CDがクリスマスプレゼントや、皆買ってな」とかのたまったり
「誰か…僕の白い恋人になってくれへんかなぁー」と言った後に自分で照れたりしていたが
最近ではしょーちゃんと「お前可愛いなー」「ヒナちゃんの方が可愛いよー」のやりとりが恒例化。
ヒナちゃんが「じゃあ俺の方が可愛い」と最後に言ってきた当初は
本気で苦笑していたしょーちゃんだが(その顔を偶然にも目撃していまった…腹黒萌え!)
今では「俺の方が可愛いよー」といいだす始末。
はいはい、どっちも可愛いですよ、どっちも腹黒ですよ(ちょ)

・ヤジルシ↑
トロッコたーいむ。
まぁこれはその時々の場所によりますね。

・MC
これもその毎公演時で違いますね。
うまくいけばヒーモがあったりなんかも。
「♪今まで見たことない、俺!」

・プロ∞ペラ
イントロでエイトはジャンプしまくり飛びまくり。
ヒナ安亮すばで頭振り合いとかしていたり、本当に自由です。
途中でGODは次のソロの準備のためにはけていきます。
亮ちゃんラップのところで「歌える人は歌ってー」というのですが
早口のところなのでいまだにうまく歌えないとです。

・Everyday music(GODソロ、たぶんこれでタイトルあってる)
歌詞でも言ってるように身体で感じてください。

・眠れない夜は(ウチが勝手に名前つけた、横ソロの新曲)
これは皆様、振りタイムですよ!
曲中の「手をたたこう」でパンパンと叩ければ上出来です。
途中のVTRではヨコ一人バージョンと、メンバーが彼氏のバージョンがあります。
全員見たんですが、個人的にはヒナちゃん、しょーちゃんのがドキッとしました。
特にヒナちゃんのはやばいですね。
裸にジャージでヤンキー風ですよ、段取り無視で。
全員バージョン、DVDに入らないかな…テイチクさん、これまたよろしくお願いします。

・いつか、また。
タダ様やヨコは座ってることが多いっすね。
GODは客席へのお手振りタイムです、亮ちゃんはごくたまにチラッと振ってくれます。
この曲の2番で真ん中から出てくるヒナちゃんがめちゃめちゃ好きです。
俺はトップアイドルや!っていう感じがしてすごくかっこいいっす。

・大阪レイニーブルース
たまに端の方でヨコとしょーちゃんとで何かやっている時があり。

・好きやねん、大阪。
「今日も~明日も~明後日も~」でいつも∞マークじゃなく○になるGODが可愛くてたまらない。
「やっぱ好きやねん」「好きやねん」でちゃんと投げキッスの振りを律儀にするGODもたまらない。
センターにあつまり、またサビを歌いだしますが
その時、ヒナちゃん亮ちゃん、たまにしょーちゃんマルちゃんが、
もう好きやねんの振りを無視して滅茶苦茶に踊りだす時もあり。
さいごの「やっぱ好きやねん」ではマルちゃんがGODを後ろから抱きかかえ
耳にフゥーしたり頬にチゥしたり…GODを笑かすことに命をかけているみたいです。

・浪花いろは節
三馬鹿でデビュー曲、久しぶりに普通バージョン。
踊りを踊ろうと思ったけど、特にヒナちゃんがリズムをこうとれと全身で飛び跳ねながら煽るので
おとなしくそれに従うことにしてあげてください。
この時のヒナちゃんもすごく楽しそうでいいなぁ。
出来ることなら永遠にそうやって飛び跳ねてて下さい(ちょ)
最後の「ハァ~ン」では恒例の、ヨコのGODの真似。
ヨコ可愛いなぁ、一緒に歌っちゃえばいいのに。

・Potential(多分こんな題名、画面がすぐ変わるのでいつも字が確認できない、亮ちゃんバンド曲)
ここではありのままの錦戸亮を堪能。

・ハイポジション(多分このタイトル、表記の仕方は不明、すばるbandの新曲)
すばるbandを全身で感じよ。
リズムとるしょーちゃんはきゃわいぃなぁ…。

・Do you agree?
ヘイヘイヘイ、はっちゃけまくればいいんですよ!
にしてもGODがツアー当初にしていた帽子、いつの間にか被らなくなっちゃった…ちょっと残念。

・口笛の向こう
ヒナすばでどんな距離でも見合います見合います。
余裕ある人はアグリー終わってから、特にヒナちゃんの行動見てると面白いよ。
GODの位置確認してさりげなく寄っていってるの。
なら最初から二人でずーっとくっついとけよとか思っちゃうのは内緒。

・未来の向こうへ
ヒナちゃんの挨拶と共に始まる。
この曲を歌っている時のGODはウチにとってはまさしく神です。
特に「♪例えば、その胸にー雨が降っても~」あたりは、もう崇めてます、宗教です。
でもね、昨日の横アリではこの部分はいつもと違って移動してきて歌ったの…。
神色が薄れてちょっと残念。

アンコール
・サムライブルース
GODお手振りターイム。
ツアー当初では後ろの待機組の亮すば倉で何か色々してました(今は特に何もなし)

・関風ファイティング
こんれは…もうなるがままに。


ダブルアンコ
・無限大
ある時とない時がありますね。
皆さん元気良く歌いましょう。


こんな感じっすかね。全国ツアー第二弾。
読み返してみると全然まとまってなくてすいません。
特にレンジャーのところとかなんか、行った人しかわかんない書き方で(汗)
こんな感じで明日一日は楽しんでこようかと思います。
明日は全員がシャワー上がりだといいなぁ(まだ言うか変態め)
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ekijgshst.blog48.fc2.com/tb.php/24-07347349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。